FC2ブログ

♡〈もどき〉のおうち♡ 正式譲渡


2週間後、電車で再訪問。




もどっち~こんにちは~


DSC02891.jpg
・・・・??・・・??(だれだっけ)


やっぱり!やっぱり【き】キョウダイ!
〈ひじき〉〈なみき〉正式譲渡の時もこんな感じでした。。
覚悟はしてたよ、だって猫変態だもん。。


DSC02895.jpg
ボヤーーー・・・
はっ!


DSC02896.jpg
にゃーさん!


DSC02898.jpg
来すぎ!!!


DSC02901.jpg
「ちょ、失礼しますね」


DSC02902.jpg
もど「にゃーちゃんっ」


DSC02903.jpg
「にゃーちゃん う●ち?」


DSC02904.jpg
「にゃーちゃん待ちうふ♡」


DSC02905.jpg
「あ…にゃーちゃん行っちゃった…」


DSC02906.jpg
まおまおまーーーお
にゃーちゃん あそぼーよーどこー鳴き


DSC02908.jpg
「ところで あなただれ??」

…猫変態です。








DSC02911.jpg

にゃーさんを追っかけて
もどっちも2階のお部屋へ行ってしまったので
その隙にママさんお手製のナポリタンを戴きました。
お上手、おいちー(* ´ ▽ ` *)
ご馳走さまでした。


食後に、
「どうですかね?」
「どうですかねぇ?」
「どうでしょう」
「うーん、まぁ時間の問題ちゃいますかね?」
「と思うんですけどねぇ」
というゆる~~~いやり取りをし
「ぜひうちの子に」と言っていただけたので
譲渡契約書にサインをいただきました。

というのも
にゃーさんとは距離が縮まってきているけれど
まだにゃーさんのシャーとパンチが出る。
ねいろとは家が広くてなかなか距離が縮まらない。
という状況で、時間をかけたらいけそうだけど
トライアルに時間をかけすぎるのも色々考えると良くないし
どうしたものかー
と再訪問前から考えていました。

DSC02913.jpg
でももどっちは全然気にしてない様子だし
最初に比べたらマシになってるし


DSC02919.jpg
ベシッ!!


DSC02921.jpg
まぁ…大丈夫そうですよね。


DSC02914.jpg
左目は、目薬がんばったのですが
トライアル前にはだいぶ再癒着していて
再訪問時はさらに癒着していました。
かなり強力なウィルスなんでしょう…。


DSC02924.jpg

今のところおそらく細菌感染は起こしてなさそうで
ホンニン的には元の状態に戻っただけで、支障なく生活できています。
あとのことはママさんにお任せすることにしました。
なんせ猫には(?)優しい方なので安心して任せることができました。


DSC02932.jpg
ねるこからの巣立ちっ子 第18号〈もどき〉


おしり【き】キョウダイ、
昨年末に管理センターからミルクボランティアとして引き受けましたが
風邪が悪化し、年末年始で病院は閉まってしまい
鼻詰まりで呼吸が苦しく、ミルクも満足に飲めず大変でした。
(ヒトリは年始、病院が開くのを待たず旅立ってしまいました)

その中でも〈もどき〉はまだなんとか自力でちょびちょび飲めていました。
ただ、眼の癒着は止めることができませんでした。
眼が見えなくたってどうにかなる、
元気に生きてほしい、
その一心でした。

鼻炎も残ってしまったけど、
そんなのへっちゃら!といわんばかりに
ふがふが言いながら走り回り
ふがふが言いながらゴハンを食べ、
その勢いとは正反対に
猫に対してはものすごく穏やかな子に成長しました。


もどっち、卒業おめでとう!!
もどっちのナイスキャラにいつも元気をもらってたよ。
これからも変わらないもどっちでいてね!
にゃーさん&ねいろと仲良くなってね~。


もどきファミリーさま。
もどっちを温かく家族に迎えてくださりありがとうございます。
掴みどころがなくほわ~んとした子ですが
毎日を楽しく生きることに一生懸命なもどっちを
これからもよろしくお願いいたします。

写真に載せてる以外にも
いろいろいただき、ありがとうございました。
どれもこれも美味でした♪


〈もどき〉を応援してくださったみなまさ。
無事、幸せに巣立つことができました。
ありがとうございました。



もど


き

おしり【き】キョウダイ
全員卒業。
天国の〈じゅき〉もきっと見守ってくれていたでしょう。
安心して眠れたかな?



********************


巣立っていったとき、
色んな思いが交錯します。

さみしい思い
ちょっと心配な思い
嬉しい思い
亡くなった子への思い
今どこかで助けを待っている子への思い
ホッとする思い
言い表せない思い
みなさまへの感謝の思い

猫の為に
とよく使われます(し、私も使うことはあります)が
私はこの言葉があまり好きではありません。

私のやりたいことが結果
猫の為になっているだけだからです。

私はこれからも、猫を助けたいから
この活動を続けます。
猫が本当に幸せになれたとき、とっても幸せな気持ちになれるから。

いつも支えてくださる皆様。
本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。

これからも応援よろしくお願いいたします。






関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment